京都新聞TOP > スポーツニュース > 塔南が初V、京都外大西を破る
インデックス

塔南が初V、京都外大西を破る

秋季京都府高校野球
塔南―京都外大西 最後の打者を打ち取り、優勝の喜びに沸く塔南ナイン(わかさスタジアム京都)

 秋季京都府高校野球大会は11日、わかさスタジアム京都で決勝と3位決定戦を行った。決勝は塔南が5−3で京都外大西を破り、初優勝を果たした。公立勢の優勝は2002年の北嵯峨以来8年ぶりで、京都市立校としては1955年の堀川以来、55年ぶり。3位決定戦は京都成章が2−1で福知山成美に勝ち、4年ぶりの近畿大会出場を決めた。

 塔南は四回1死一、二塁から笠主将の左中間二塁打で2点を先取。1点を返された直後の五回には、2死満塁で駒月が走者一掃の左中間二塁打を放った。先発の粟津は好守に支えられ、京都外大西打線を3点に抑えた。

 京都成章は六回に同点に追いつくと、九回2死一、二塁から浜田の右中間二塁打で勝ち越した。

 塔南、京都外大西、京都成章の上位3校は、23日から和歌山市の紀三井寺球場で行われる近畿大会に出場する。

▽決勝

 京都外大西 000 011 001=3

 塔   南 000 230 00X=5

 ▽3位決定戦

 京都成章  000 001 001=2

 福知山成美 100 000 000=1

【2010年10月12日掲載】