京都新聞TOP > スポーツニュース > 「センバツはまず一勝」
インデックス

「センバツはまず一勝」

京都成章ナインが本社訪問
センバツ出場の報告に、本社を訪問した京都成章高ナイン(京都新聞本社)

 23日開幕の選抜高校野球大会に13年ぶり2度目の出場を果たす京都成章ナインが2日、京都市中京区の京都新聞社を訪れた。心をひとつにして、センバツ初勝利と躍進を目指す気概を示した。

 同高は安定した投手力で粘り強く勝ち上がり、昨秋の近畿大会でベスト8に入った。選抜大会期間中にチームに帯同する35選手は、吉竹浩克校長に率いられ、詰めえりの青い制服姿で訪れた。

 柏木翔多主将は「モットーの『エンジョイベースボール』を甲子園でも見せられるよう全力プレーで頑張りたい」と抱負を述べた。13年前の夏に全国準優勝をして以来の甲子園に挑む松井常夫監督は「センバツは未勝利なのでまず一勝。それから勢いに乗り、頂点まで上りつめたい」と力強く話した。一行はこの日、京都府庁も表敬訪問した。

【2011年3月2日掲載】