京都新聞TOP > スポーツニュース > 城南2―7鹿児島実
インデックス

城南2―7鹿児島実

鹿児島実が15安打

 鹿児島実は15安打で7点を挙げた。二回に4連打で2点を先制。五回には2死二塁から揚村、黒木の連続長打などで3点を加えた。野田はスライダーが切れて、13三振を奪い、2失点完投した。

 城南はエース竹内が高めに浮いた球をとらえられた。打線は6安打。後半にようやく好機をつくったが、適時打が出なかった。(共同通信)

【2011年3月30日掲載】