京都新聞TOP > スポーツニュース > 東海大相模6−1九州国際大付
インデックス

東海大相模6−1九州国際大付

2本塁打、14安打で圧倒

 東海大相模が強打を発揮し、14安打で6点を奪った。三回に田中、佐藤の連続長短打で2点を先制。五回に佐藤の2ラン、七回に菅野のソロでリードを広げた。

 先発の長田は両サイドをうまく使い、5回を4安打無失点。六回からはエース近藤が要所をしのいだ。守備も堅く、一回2死二塁で二塁手の田中が二遊間への打球を好捕し、先制を許さなかった。

 九州国際大付は看板の打線がつながりを欠き、得点圏に6度走者を進めながら、九回2死から加藤の適時打で1点を返しただけだった。三好は1回戦から一人で投げ抜いた疲労で球威を欠き、球も上ずった。(共同通信)

【2011年4月3日掲載】