京都新聞TOP > スポーツニュース > 東筑紫学園が対外試合禁止
インデックス

東筑紫学園が対外試合禁止

野球部員の喫煙で

 日本学生野球協会は13日、審査室会議で高校2件の処分を決め、部員の喫煙があった東筑紫学園(福岡)を4月28日から5月27日までの対外試合禁止処分とした。3年生7人、2年生4人の計11人と多くの部員が関わっていたことを重く判断した。

 部員に対して平手打ちの暴力行為を働き、さらにカッターナイフを突き出すなどした菊川南陵(静岡)の監督は4月20日から10月19日まで謹慎処分とした。この監督は既に退任している。(共同通信)

【2011年5月13日掲載】