京都新聞TOP > スポーツニュース > 天理、甲子園地方大会の出場辞退
インデックス

天理、甲子園地方大会の出場辞退

野球部で暴力行為
記者会見する天理高校野球部の森川芳夫監督=23日午前、奈良県天理市

 高校野球の強豪、天理高校(奈良県天理市)の野球部で、3年生が2年生部員を殴って頬骨を折るなどのけがを負わせる暴力行為があったことが分かり、同高校は23日、第93回全国高校野球選手権奈良大会の出場を辞退すると発表した。同日付で、県高野連に辞退届を提出した。

 天理高校によると、1日夜、室内練習場や寮などで、3年生4人が練習中の態度に問題があったとして2年生3人を殴り、うち1人に右頬骨折や耳の鼓膜が破れるけがを負わせ、他の2人にも軽傷を負わせた。さらに殴った2年生に「『練習中にボールが当たった』と言え」と口止めをした。(共同通信)

【2011年6月23日掲載】