京都新聞TOP > スポーツニュース > 地方大会、4014校が参加
インデックス

地方大会、4014校が参加

夏の高校野球

 日本高野連は8日、第93回全国高校野球選手権大会の地方大会の参加校数は昨年より14校少ない4014校と発表した。過去最多は第84、85回大会の4163校で、以降は年々減少している。

 最も参加校が多いのは愛知で188校。大阪の187校、神奈川の186校、千葉の172校と続き、13大会で参加校が100校を超えた。最少は鳥取の25校。参加校が増加した大会は7、減少は19だった。

 複数校で参加する連合チームは23チーム。東日本大震災で部員が減少したため福島の双葉翔陽、富岡、相馬農の3校が特例措置で「相双連合」として出場する。(共同通信)

【2011年7月8日掲載】