京都新聞TOP > スポーツニュース > 高校野球宮城大会も熱戦スタート
インデックス

高校野球宮城大会も熱戦スタート

復興の思い横断幕に
全国高校野球選手権大会宮城大会の開会式で、横断幕を掲げて入場行進する石巻工ナイン=9日午前、Kスタ宮城

 第93回全国高校野球選手権大会宮城大会が9日、開幕した。仙台市の日本製紙クリネックススタジアム宮城での開会式に続き、1回戦がスタートし、開幕戦では名取高が柴田農林高川崎を5―0で下した。

 10日の1回戦では、津波で被害を受けた昨夏の宮城大会準優勝の気仙沼向洋高が黒川高と対戦。ともに沿岸部にある被災地校の石巻高と気仙沼西高が顔を合わせる。春の選抜大会に出場した東北高は、13日に初戦の2回戦で岩ケ崎高―志津川高の勝者と戦う。

 開会式では77校が入場行進。沿岸部の被災地にある宮城農高、石巻工高、石巻高の3校が「感謝 見せろ石巻魂」などと復興への思いを記した横断幕を掲げた。(共同通信)

【2011年7月9日掲載】