京都新聞TOP > スポーツニュース > 東洋大姫路が再試合制す
インデックス

東洋大姫路が再試合制す

智弁和歌山は7年連続

 第93回全国高校野球選手権大会の地方大会は30日、8大会で試合を行い、延長十五回引き分け再試合となった兵庫の決勝で東洋大姫路が加古川北を6―0で下して5年ぶり12度目の出場を決めた。智弁和歌山の7年連続出場は明徳義塾(高知)と並び戦後最長。

 今春の選抜大会4強の日大三(西東京)は2年ぶり、至学館(愛知)は春夏を通じて初の甲子園大会出場となった。日本文理(新潟)新湊(富山)今治西(愛媛)も出場を決めた。(共同通信)

【2011年7月30日掲載】