京都新聞TOP > スポーツニュース > 龍谷大平安、新湊の右腕想定しフリー打撃
インデックス

龍谷大平安、新湊の右腕想定しフリー打撃

第93回全国高校野球選手権
右投手を想定した打撃練習を行う龍谷大平安ナイン(同校亀岡グラウンド)

 第93回全国高校野球選手権に出場する龍谷大平安は4日、同校亀岡グラウンドで約5時間の練習を行った。初戦の2回戦(10日)で対戦が決まった新湊(富山)のエース右腕・袴谷を想定したフリー打撃などに、みっちりと汗を流した。

 選手は大阪府吹田市の宿舎から午前10時ごろ、グラウンドに到着。小嶋主将は「対戦相手が決まり、モチベーションが上がってきた」と意気込んだ。袴谷は富山大会1回戦で無安打無得点試合を達成した好投手。打撃練習では技巧派右腕の袴谷を想定し、各打者は右投手を相手に快音を響かせた。京都大会で3本塁打を放った高橋は「センター返しを心掛けた」と汗をぬぐった。

 投手陣では、2年生右腕の田村が103球を投げ込んだ。「京都大会ではフォームが乱れがちだったので、体が流れないように意識した」と話した。

【2011年8月4日掲載】