京都新聞TOP > スポーツニュース > 関西3―2九州国際大付
インデックス

関西3―2九州国際大付

関西がサヨナラ勝ち
関西―九州国際大付 12回裏関西1死一、三塁、渡辺の二塁内野安打で三走小倉がサヨナラの生還。捕手高城=甲子園

 関西が延長十二回の末、サヨナラ勝ちした。2―2のこの回、四球を足場に犠打や捕逸で1死一、三塁とし、渡辺が二塁へ内野安打を放った。水原は2失点で完投。内外角に変化球を散らし、要所で投げ込む直球にも力があった。

 九州国際大付は3併殺で好機を逃し、三好を援護できなかった。十二回に救援の大江への継投が裏目に出た。(共同通信)

【2011年8月11日掲載】