京都新聞TOP > スポーツニュース > 作新学院3―2唐津商
インデックス

作新学院3―2唐津商

作新学院が逆転勝ち
作新学院―唐津商 5回表作新学院1死三塁、板崎が勝ち越しの遊撃内野安打を放つ。捕手佐々木=甲子園

 作新学院が逆転勝ち。1点を追う五回1死一塁から石井の二塁打で同点。さらに板崎の適時打で勝ち越した。先発大谷はコーナーを突いて要所を締めた。九回1死二塁のピンチは2番手の飯野が後続を断った。

 唐津商は北方悠が150キロ台の真っすぐで10三振を奪ったが、中盤にボールが甘くなったところを狙われた。守備のミスも痛かった。(共同通信)

【2011年8月13日掲載】