京都新聞TOP > スポーツニュース > 如水館7―4東大阪大柏原
インデックス

如水館7―4東大阪大柏原

如水館が延長戦制す
如水館―東大阪大柏原 10回表如水館1死一、二塁、島崎が中前に決勝打を放つ。投手白根=甲子園

 如水館は延長十回1死一、二塁から4番の島崎以下が3連続で中前打を放ち、計3点を勝ち越した。浜田は二回に1点を先制された直後の無死二、三塁から救援。3者連続三振を奪って追加点を阻み、十回まで3失点と好投した。

 東大阪大柏原は九回2死満塁のサヨナラ機を生かせなかった。十回も2死無走者から連打で粘ったが、全体的にミスが目立った。(共同通信)

【2011年8月13日掲載】