京都新聞TOP > スポーツニュース > 白樺学園7―8智弁和歌山
インデックス

白樺学園7―8智弁和歌山

延長十回逆転サヨナラ
白樺学園―智弁和歌山 1回裏智弁和歌山1死一、二塁、道端が左中間に先制二塁打を放つ。捕手佐々木=甲子園

 白樺学園―智弁和歌山 1回裏智弁和歌山1死一、二塁、道端が左中間に先制二塁打を放つ。捕手佐々木=甲子園 智弁和歌山は6―7の延長十回1死一塁から宮川の二塁打で同点。さらに1死一、二塁から小笠原がバントした打球を三塁手が一塁へ悪送球して二走が生還し、逆転サヨナラ勝ちした。終盤はミス絡みの失点や逸機があったが、地力で勝利を引き寄せた。白樺学園は1―5の七回に小林の満塁弾で同点とし、八、十回と勝ち越したが逃げ切れなかった。(共同通信)

【2011年8月14日掲載】