京都新聞TOP > スポーツニュース > 決勝に鳥羽と立命館
インデックス

決勝に鳥羽と立命館

秋季京都府高校野球
鳥羽−京都翔英 八回裏鳥羽2死二、三塁、相手の捕逸で三走の伊坂が生還し4−3と勝ち越す(わかさスタジアム京都)

 秋季京都府高校野球大会は8日、わかさスタジアム京都で準決勝2試合を行った。鳥羽は5−3で京都翔英に、立命館も2−1で京都両洋に、それぞれ競り勝って決勝進出を果たした。鳥羽と立命館は、22日に舞洲スタジアムで開幕する近畿大会へ出場する。

 鳥羽は3−3の八回2死二、三塁から相手の捕逸で勝ち越し、さらに2死三塁から暴投で加点、九回の相手の反撃を抑えた。立命館は一回1死一、三塁から鯰江の左犠飛で先制、追い付かれた直後の五回2死満塁から敵失で勝ち越し、先発伊藤が5安打1得点に抑えて逃げ切った。

 決勝は9日午後0時半から、わかさスタジアム京都で行う。決勝に先立って午前10時から3位決定戦も行う。

▽準決勝

京都翔英010000200=3

鳥  羽00020102X=5

▽準決勝

立命館 100010000=2

京都両洋000100000=1