京都新聞TOP > スポーツニュース > 近江、準々決勝に進出
インデックス

近江、準々決勝に進出

秋季近畿高校野球大会
近江−育英 4回裏近江無死一、三塁、橋本が右越え逆転3点本塁打を放ち3−1とする(舞洲)

 秋季近畿地区高校野球大会は29日、舞洲スタジアムで1回戦2試合を行った。滋賀1位の近江は7−5で育英(兵庫3位)に競り勝ち、準々決勝に進んだ。奈良大付(奈良1位)は6−1で海南(和歌山2位)に快勝した。

 近江は0−1の四回、連打で無死一、三塁とし、5番橋本の右越え3ランで逆転し、六回以降も毎回加点した。育英打線の反撃を3投手の継投で、粘り強くしのいだ。

【2011年10月29日掲載】