京都新聞TOP > スポーツニュース > 近江、決勝逃す
インデックス

近江、決勝逃す

秋季近畿高校野球大会
天理−近江 6回コールド負けを喫し、肩を落とし引き上げる近江の選手たち(舞洲)

 秋季近畿地区高校野球大会は5日、舞洲スタジアムで準決勝2試合を行った。近江(滋賀1位)は1−11で天理(奈良3位)に六回コールド負けした。智弁学園(奈良2位)は4−2で履正社(大阪3位)に競り勝った。奈良県勢同士の顔合わせとなった決勝は、6日午前10時から同スタジアムで行う。

 近江は、一回に3長短打を浴びて2点を先制されるなど、序盤から相手打線の勢いに飲み込まれ、3投手が計13安打、11失点と打ち込まれた。打線は六回1死三塁から橋本の中前打で1点を返すにとどまった。

【2011年11月05日掲載】