京都新聞TOP > スポーツニュース > 京都完敗、滋賀は逆転勝ち
インデックス

京都完敗、滋賀は逆転勝ち

バスケbjリーグ
京都−沖縄 第3クオーター7分、京都のラリーミ(左)がシュートを狙う(京都市体育館)

 バスケットボールbjリーグは6試合を行い、西地区6位の京都ハンナリーズは72−95で沖縄(同2位)に敗れ、3連敗となった。滋賀レイクスターズは99−94で高松(同7位)に逆転勝ちした。

 京都は第1クオーターに8点リードを奪ったものの、第2クオーター以降は沖縄の多彩な攻撃を防ぎきれなかった。滋賀は前半を40−52とリードされたが、後半に攻撃を立て直して競り勝った。

 ■多彩な攻撃を防ぎきれず…京都

 高い攻撃力でリーグ2連覇を目指す沖縄に京都は完敗した。休養したベンワーヘッドコーチ(HC)に代わって指揮を執る青野HC代行は「全力で戦った結果。第2戦も力を振り絞る」と前向きに話した。

 前節に連敗して今季の西地区5位以下が決まり、プレーオフ出場の可能性がなくなった。この日は最終クオーターだけで37失点するなど粘りも見られず、終了間際に青野HC代行の審判への抗議が反則となり退場する場面も。青野HC代行は「私も選手も心の火をもっと燃やして戦い続けるしかない」と唇をかんだ。

【2010年4月17日掲載】