京都新聞TOP > スポーツニュース > プロバスケチーム運営会社破産
インデックス

プロバスケチーム運営会社破産

負債5千万円

 プロバスケットボールbjリーグ所属の高松ファイブアローズの運営会社「スポーツプロジェクト高松」(高松市)が14日、高松地裁に自己破産を申請した。同リーグによると、参加チームの運営会社が破産するのは初めて。

 負債総額は約5千万円。代理人によると、開始決定は来週にも出される予定。

 同社によると、最大のスポンサーだった穴吹工務店が経営悪化により撤退。広告収入が激減し、資金繰りが悪化した。14日付で事業を停止、チーム所属の選手や従業員など15人も同日付で契約解除か解雇したという。

 2005年に創設以来、毎年赤字を計上。今シーズンは1口1万円の個人スポンサーを募るなどして運営を続けていた。リーグがチームの新しい受け皿を探すかどうかも含め、今後の対応は決まっていない。

 bjリーグは05年に始まった男子バスケットボールの日本初のプロリーグ。(共同通信)

【2010年5月14日掲載】