京都新聞TOP > スポーツニュース > レイクス完敗も首位守る
インデックス

レイクス完敗も首位守る

バスケ・bjリーグ
滋賀レイクスターズ−島根 第2クオーター8分、滋賀の城宝(31)がシュートを決めて33−45と追い上げる(守山市民体育館)

 プロバスケットボールのbjリーグは6日、8試合を行った。滋賀レイクスターズは77−104で島根に完敗し、連勝は3で止まった。19勝11敗となり、大阪と勝敗数で並んだが、直接対決で勝ち越している滋賀が首位を守った。京都ハンナリーズは88−85で東京に逆転勝ちし、15勝15敗とした。西地区5位は変わらなかった。

 滋賀は、城宝やシェファーらがインサイドを中心に仕掛けたが、相手の粘り強い守備に阻まれ得点が伸びず、逆に速攻を受けて大量失点した。京都は第3クオーターに28得点を奪って逆転した。

【2011年2月6日掲載】