京都新聞TOP > スポーツニュース > 「優勝目指して勝つ」
インデックス

「優勝目指して勝つ」

レイクス、ハンナリーズ戦へ決意
プレーオフのポスターを手に意気込みを語る藤原主将(中央)ら=大津市・滋賀県庁

 プロバスケットボールbjリーグで西地区4位となった滋賀レイクスターズが30日と5月1日、大津市の県立体育館で同5位の京都ハンナリーズとのプレーオフに臨む。ホーム初のプレーオフを前に藤原隆充主将(32)らが26日、県庁で会見し、「絶対負けられない試合。優勝を目指して勝つ」と「滋京対決」への意気込みを語った。

 プレーオフには西地区の6チーム、東地区の4チームの計10チームが出場。第1ラウンド、地区準決勝を経て、4チームが5月21、22日に東京で行われる準決勝、決勝に進む。

 会見には根間洋一ヘッドコーチ代行(31)やマイキー・マーシャル選手(29)も出席。3人は「全国一に挑戦できる権利を勝ち得た。ホームゲームの有利な条件を生かし、全力で戦う」と声に力を込めた。

 試合開始は30日が午後7時、5月1日が午後1時。収益の1割は、東日本大震災の被災地や同じリーグの仙台89ERSへの支援金として寄付する。

【2011年4月27日掲載】