京都新聞TOP > スポーツニュース > 滋賀、逆転で準決へ
インデックス

滋賀、逆転で準決へ

バスケbjリーグ西地区PO
滋賀―京都 最終決定戦後半2分、滋賀の藤原がファウルを受けながらシュートを決め、14−11と差を広げる(滋賀県立体育館)

 プロバスケットボールbjリーグは1日、プレーオフ(PO)西地区1回戦を行い、第2戦で滋賀レイクスターズが88−60で京都ハンナリーズに快勝し、続く最終決定戦(前後半各5分)も20−13で連勝した。滋賀は通算2勝1敗とし、逆転でPO西地区準決勝進出を決めた。7、8日に沖縄(レギュラーシーズン西地区1位)とアウェーで対戦する。1勝2敗となった京都は2年目のシーズンを終えた。

 第2戦は滋賀が第2クオーター以降、城宝やハミルトンのシュートで着実に加点し、京都を突き放した。

 最終決定戦で滋賀は前半を7−8とリードされたが、後半に激しい守備でリズムをつかんだ。同2分過ぎ、藤原がファウルを受けながら2点シュートを決め、流れに乗った。

【2011年5月1日掲載】