京都新聞TOP > スポーツニュース > ハンナリーズ「アワードパーティー」
インデックス

ハンナリーズ「アワードパーティー」

bjリーグ
来季への抱負を語る京都ハンナリーズの青野ヘッドコーチ(京都市中京区のホテル)

 プロバスケットボールbjリーグ・京都ハンナリーズの今季の戦いを振り返る「アワードパーティー」が10日、京都市中京区のホテルで開かれた。MVPなど三賞の表彰のほか、ファンらが選手との交流を楽しんだ。

 昨秋発足したチーム後援会が初めて企画し、同会員ら約150人が出席した。MVPにはチーム最多得点を挙げたマクムード・アブドゥル・ラウーフ、プレーで強い印象を残した選手に贈られるベストエフォート賞には瀬戸山京介、ファンサービスに貢献した選手が対象のベストフェローシップ賞に川辺泰三が選ばれた。

 最後に全選手とスタッフがステージに上がった。青野和人ヘッドコーチは「チームは確実に強くなって2年目を終えた。来季こそ必ず優勝する」と強い口調で決意を語った。

【2011年5月12日掲載】