京都新聞TOP > スポーツニュース > ハンナリーズ、今季の陣容をファンに披露
インデックス

ハンナリーズ、今季の陣容をファンに披露

bjリーグ
今季の開幕を前に、ファンと交流する京都ハンナリーズの選手たち(イオンモールKYOTO)

 プロバスケットボールbjリーグの京都ハンナリーズは10日、京都市南区のイオンモールKYOTOで、参入3年目の今季に臨む陣容をファン約200人に披露した。

 会場の大きな拍手に迎えられ、今季から指揮を執る浜口炎ヘッドコーチ(HC)や選手10人らが登場。選手紹介の後、瀬戸山京介主将は「長いようで短いシーズン。チーム一丸となって一戦一戦を大切にしたい」と話し、浜口HCも「(炎の)名前のように熱く、選手と一緒に戦いたい」と抱負を述べた。

 初めて作製したイヤーブックのサイン会もあり、親子連れらが交流を楽しんだ。チーム創設時から応援しているという鴨井克拡君(10)=京都聖母学院小5年=は「村上選手が好き。速攻から得点を決めてほしい」と、15日の初戦を待ちきれない様子だった。

【2011年10月11日掲載】