京都新聞TOP > スポーツニュース > 日大三14―4山形中央
インデックス

日大三14―4山形中央

日大三が19安打

 日大三打線が19安打で14得点。2点を追う二回、連続二塁打と畔上の適時三塁打で同点とし、三回には平岩の2点本塁打で勝ち越した。五回に追い付かれたが、その裏、吉沢が2点二塁打を放ち、六回以降も吉沢の2ランなどで着々と加点して突き放した。

 山形中央も効率よく4点を奪ったが、エース横山が踏ん張りきれなかった。

 ▽1回戦

 山形中央−日大三(16時2分、15000人)

山形中央(山形)

   200 020 000― 4

   022 021 43×―14

日大三(東京)

(山)横山、武田直−羽柴

(日)山崎−鈴木

▽本塁打 平岩1号(2)(横山)吉沢1号(2)(横山)(共同通信)

【2010年3月21日掲載】