京都新聞TOP > スポーツニュース > 宮崎工4―0前橋工
インデックス

宮崎工4―0前橋工

浜田が2安打完封
  前橋工―宮崎工 先発し力投する宮崎工・浜田=甲子園

 宮崎工は浜田が無四球で2安打完封。直球、変化球ともに制球がよく、三塁を踏ませなかった。打線は三回2死一、三塁から長嶺の左前打で先制。2―0の九回は稲垣の適時三塁打などで2点を加え突き放した。

 前橋工は平井が走者を出してからも粘り強く投げたが、勝負どころで踏ん張り切れなかった。攻撃も三者凡退が6度と攻め手を欠いた。

 ▽1回戦

 前橋工−宮崎工(11時23分、31000人)

宮崎工(宮崎)

   001 001 002―4

   000 000 000―0

前橋工(群馬)

(宮)浜田−伊比井

(前)平井−原沢(共同通信)

【2010年3月22日掲載】