京都新聞TOP > スポーツニュース > 開星高の野々村監督が再度謝罪
インデックス

開星高の野々村監督が再度謝罪

「侮辱する気なかった」
  記者会見する開星高の野々村直通監督=23日午後、松江市

 甲子園球場で開かれている選抜高校野球大会1回戦で向陽高(和歌山)に敗戦後、「21世紀枠に負けて末代までの恥」などと発言した開星高(島根)の野々村直通監督(58)は23日午後、松江市内の同校で記者会見し「侮辱したり批判したりする気はなかったが、結果的にそうなってしまった」とあらためて陳謝した。

 野球部員らとバスで戻った野々村監督は、今後の進退について「ロマンを持って監督をしている。もう一度やりたい」として、監督を続ける意向を表明。一方で「高野連に『不適格』と言われれば、従わざるを得ない」と話した。

 「指導者として、負けた時も相手に気配りすべきでは」という質問に対しては「負けてもニコニコしている程度では勝てない」と返答。同時に「もう少し自分をコントロールできる人間になりたい」と反省も述べた。

 さらに21世紀枠について「(地方大会で優勝しなくても出場できる)選抜大会の本来の趣旨を継続した制度で、あっていいと思う」と評価した。

 会見に同席した細木恒夫副校長は「今後の処分は未定。まずは相手校に謝罪したい」とした。(共同通信)

【2010年3月23日掲載】