京都新聞TOP > スポーツニュース > センバツ決勝は日大三―興南
インデックス

センバツ決勝は日大三―興南

興南が大垣日大に圧勝

 第82回選抜高校野球大会第11日は2日、甲子園球場で雨のために順延になっていた準決勝の残り1試合を行い、興南(沖縄)が大垣日大(岐阜)を10―0で下し、春夏を通じて初めて決勝へ進んだ。沖縄勢の決勝進出は一昨年に優勝した沖縄尚学以来。3日の決勝で、39年ぶり2度目の優勝を目指す日大三(東京)と対戦する。

 興南は二回、山川のソロ本塁打を口火に3点を先制。その後も攻め手を緩めずに15安打で10点を挙げた。先発島袋は7回を2安打に抑えた。

 日大三は1日の準決勝ですでに1972年以来の決勝進出を決めている。準決勝を2日に分けて実施したのは38年ぶり。(共同通信)

【2010年4月2日掲載】