京都新聞TOP > スポーツニュース > 北大津が8年ぶりV
インデックス

北大津が8年ぶりV

春季高校野球滋賀県大会
 比叡山−北大津 8回表、北大津1死一塁、大野の右越え三塁打で一走・中村(右から二人目)が生還。7−6と勝ち越す(彦根球場)

 春季高校野球滋賀県大会は2日、彦根球場で決勝と3位決定戦を行った。決勝は北大津が9−8で比叡山に逆転勝ちし、8年ぶり2度目の優勝を果たした。北大津は29日に紀三井寺球場(和歌山市)で開幕する近畿大会に出場する。3位決定戦は近江兄弟社が延長十一回の末、1−0で近江に競り勝った。

 北大津は1点を追う八回、死球と暴投などで同点とし、さらに大野の右越え適時三塁打や4番小谷の左中間への2点適時二塁打などで3点を加えて逆転に成功。その裏に1点差まで詰め寄られたが、逃げ切った。

▽3位決定戦 

近江兄弟社 000 000 000 01=1

近   江 000 000 000 00=0(延長十一回)

▽決勝

北大津 000 023 040=9

比叡山 200 400 020=8

【2010年5月2日掲載】