京都新聞TOP > スポーツニュース > 京都外大西、京都成章が4強
インデックス

京都外大西、京都成章が4強

秋季京都府高校野球
京都成章−京都翔英 4回表京都成章無死一、三塁、竹内が右前適時打を放ち、3−1とリードを広げる(わかさスタジアム京都)

 秋季京都府高校野球大会は3日、わかさスタジアム京都で準々決勝2試合を行った。今夏の全国高校選手権に出場した京都外大西は12−5で北嵯峨に七回コールド勝ちし、5年ぶりに準決勝に進んだ。京都成章も10−2で京都翔英に七回コールド勝ちし、2年ぶりの4強入りを果たした。

 京都外大西は2−1の四回、3安打や4四死球などで打者11人を送り、大量7点を奪取。松岡から佐藤への継投で北嵯峨の反撃をかわした。京都成章は1点リードの四回、5長短打を集めて7点を挙げ、リードを広げた。先発の西野は毎回の8奪三振で2点に抑えた。

【2010年10月3日掲載】