京都新聞TOP > スポーツニュース > 塔南、初戦は報徳学園と対戦
インデックス

塔南、初戦は報徳学園と対戦

秋季近畿高校野球

 来春の選抜高校野球大会の代表校選出の際に有力な選考資料となる秋季近畿地区高校大会の組み合わせ抽選会が20日、大阪市内で行われた。

 初のセンバツ出場を狙う京都1位の塔南は初戦で報徳学園(兵庫3位)と顔を合わせる。同2位の京都外大西は智弁和歌山(和歌山1位)と、同3位の京都成章は智弁学園(奈良1位)と激突。滋賀1位の八幡商は天理(奈良2位)と、同2位の守山は和歌山工(和歌山2位)と対戦する。

 大会は23日に和歌山市の紀三井寺球場で開幕。開催県の和歌山のほか、京都、大阪、兵庫から各3校が、滋賀、奈良からは各2校が出場する。決勝は7日午前11時から同球場で行われる。

【2010年10月20日掲載】