京都新聞TOP > スポーツニュース > 京都成章、13年ぶりセンバツ出場
インデックス

京都成章、13年ぶりセンバツ出場

 
13年ぶりの選抜出場が決まり、帽子を投げて喜ぶ京都成章高の選手たち(京都市西京区・京都成章高)

 第83回選抜高校野球大会(甲子園)の出場32校を決める選考委員会が28日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社で開かれ、京都成章(京都)の13年ぶり2度目の出場が決まった。甲子園の出場は春夏通算4度目。滋賀からは2年連続で選出されなかった。

 京都成章は、昨秋の府大会で3位となり、近畿大会ではベスト8に進出した。投手を中心とした堅い守りと、機動力を絡めたそつのない攻撃が評価された。京都市西京区の同高に出場決定の報告が届くと、選手たちは抱き合って喜びを分かち合っていた。

 21世紀枠には佐渡(新潟)城南(徳島)大館鳳鳴(秋田)の3校が選出された。いずれも春夏通じて初の甲子園。

 大会は3月23日から12日間、甲子園球場で行われる。組み合わせ抽選会は3月15日に行われる。

【2011年1月28日掲載】