京都新聞TOP > スポーツニュース > 選抜高校野球、23日に開幕
インデックス

選抜高校野球、23日に開幕

被災者に配慮、開会式は簡素化
静清の光岡孝監督と握手を交わす京都成章の松井常夫監督(左)=甲子園球場

 第83回選抜高校野球大会の開幕を前日に控えた22日、甲子園球場で開会式のリハーサルが行われた。東日本大震災の被災者に配慮し、入場行進を取りやめるなど時間を短縮し、簡素化された形で実施された。

 出場チームは例年、右翼側の入場門からグラウンドに入り、本塁付近を回って外野まで行進するが、今回はあらかじめ全チームがバックスクリーンの前に整列。南から順番に校名が呼ばれ、1校ずつ内野まで前進する。

 東日本大震災の犠牲者に黙とうをささげ、日の丸と大会旗を半旗にして掲揚する。時間短縮も図り、開会式は約30分間で終える。直後の第1試合は、例年より20分早い午前10時に開始する。

 京都からは、京都成章が13年ぶり2度目の出場を果たす。選手宣誓は創志学園(岡山)の野山慎介主将が務める。

【2011年3月22日掲載】