京都新聞TOP > スポーツニュース > 創志学園1―2北海
インデックス

創志学園1―2北海

北海が競り勝つ
創志学園―北海 1回裏北海1死二、三塁、川越が右前に先制打を放つ=甲子園

 北海が主軸の活躍で競り勝った。一回に4番・川越の右前打で先制。1―1の八回にも川越が右中間へ勝ち越しの本塁打を放った。玉熊は緩急を巧みにつけ、5安打1失点で完投した。

 創志学園は一回2死からロングリリーフした山本が好投。七回1死三塁のピンチも遊撃・野山の好守でしのいだが、攻撃は序盤の得点機を生かせなかった。(共同通信)

【2011年3月23日掲載】