京都新聞TOP > スポーツニュース > 日本文理、北海、九州国際付勝つ
インデックス

日本文理、北海、九州国際付勝つ

選抜高校野球大会第1日

 第83回選抜高校野球大会は23日、甲子園球場で32校が出場して開幕した。開会式に続いて1回戦3試合を行い、日本文理(新潟)九州国際大付(福岡)北海(北海道)が勝って2回戦に進んだ。

 開会式直後の試合は、2年ぶりに出場した日本文理が11安打で、初出場の香川西を8―1で下した。29年ぶり2度目の出場の九州国際大付は春夏を通じて初出場の前橋育英(群馬)に7―1で快勝した。九州国際大付の三好は11奪三振で完投。打線が4本塁打を放ち、春初勝利を挙げた。

 16年ぶり12度目の出場となった北海は創部1年目で初出場の創志学園(岡山)に2―1で競り勝った。同点で迎えた八回に川越の本塁打で勝ち越した。玉熊は10奪三振で完投。(共同通信)

【2011年3月23日掲載】