京都新聞TOP > スポーツニュース > 部内暴力の一関学院は監督ら謹慎
インデックス

部内暴力の一関学院は監督ら謹慎

学生野球協会

 日本学生野球協会は14日、審査室会議で高校5件、大学1件の処分を決め、部員による部内暴力の報告を怠った一関学院高(岩手)の監督と部長を8月下旬まで6カ月の謹慎とした。事件は昨年7月に発生したが、当事者間で和解が成立したとして岩手県高野連に報告せず、夏の甲子園大会に出場していた。

 部員を殴るなど5件8選手への暴力が発覚した岩手大の部長兼監督は9月10日まで8カ月の謹慎処分。

 対外試合禁止処分を受けた高校は以下の通り。

 千歳丘(東京)2月21日〜5月20日=部員の部内暴力▽船橋二和(千葉)2月27日〜5月26日=部員の賭けトランプ▽新居浜東(愛媛)3月19日〜4月18日=部員の万引(共同通信)

【2011年4月14日掲載】