京都新聞TOP > スポーツニュース > 復帰後初めて指揮、開星高監督
インデックス

復帰後初めて指揮、開星高監督

「感無量」
監督復帰後初めて公式戦の指揮を執った開星高の野々村直通監督=22日、松江市営野球場

 昨年の選抜高校野球大会に開星高(島根)を率いて出場し、1回戦で敗退後に不適切な発言で監督を辞任した野々村直通氏(59)が22日、松江市営野球場で行われた春季島根大会で、同校の監督復帰後初めて、公式戦の指揮を執った。

 試合は安来高に11―3の七回コールドゲームで快勝。復帰戦を白星で飾り「感無量だ。野球から離れていて心が空虚だった。悔いのないようにやるだけやってみたい」と感慨深げだった。

 野々村氏は、21世紀枠で出場した向陽高(和歌山)に敗れた際に「21世紀枠に負けて末代までの恥」「腹を切りたい」などといった発言が問題となり辞任。12日に監督に復帰していた。(共同通信)

【2011年4月22日掲載】