京都新聞TOP > スポーツニュース > 福知山成美、立命館宇治が決勝へ
インデックス

福知山成美、立命館宇治が決勝へ

春季高校野球京都大会
京都外大西−立命館宇治 2回裏立命館宇治、無死満塁から小林が右前適時打を放ち、1−1と追い付く(わかさスタジアム京都)

 春季高校野球京都大会2次戦第5日は14日、わかさスタジアム京都で準決勝2試合を行った。福知山成美は6−3で昨秋の府大会を制した塔南に逆転勝ちし、立命館宇治は9−2で京都外大西に七回コールド勝ちした。決勝は15日午後0時30分から、わかさスタジアム京都で行う。

 福知山成美は1点を追う三回1死二、三塁から幕谷の左越え二塁打で3−2と逆転。その後も小刻みに加点し、後藤−津田の継投で逃げ切った。立命館宇治は0−1の二回に3四死球と5単打で6点を奪い、五回以降も得点を重ねて突き放した。

【2011年5月14日掲載】