京都新聞TOP > スポーツニュース > 6人以上はほぼ半減、野球特待生
インデックス

6人以上はほぼ半減、野球特待生

高野連調査

 日本高野連は19日、特待生問題の私学検討部会を開き、4月に実施した野球特待生採用校の実態調査結果を発表した。各学年5人以下が望ましいとするガイドラインを超えて、6人以上を採用した学校は、昨年の51校から26校とほぼ半減となった。学校名や都道府県別の人数などは公表していない。

 一昨年の91校と比べると大幅減となった。10人以上を採用した学校も昨年の13校から3校に減少。ただし、このうち2校は2年連続で10人以上だった。最多では17人を採用しているが、この学校は入学後の定期試験の結果で、実際に特別待遇をするかを決めるとしている。(共同通信)

【2011年5月19日掲載】