京都新聞TOP > スポーツニュース > 福島の「相双連合」に米紙も注目
インデックス

福島の「相双連合」に米紙も注目

「希望の象徴になった」

 【ニューヨーク共同】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は12日、福島第1原発事故の影響で野球部員が足りなくなった福島県の3高校が結成した「相双連合」の奮闘ぶりを紹介した。「心温まるストーリーを求めている国で、彼らは希望の象徴になった」としている。

 記事は「移転生活を余儀なくされている3校が、夢を追うためチームをつくった」と説明した。

 部員たちについて「普通の選手のように練習している。だが普通の選手ではない。富岡高、相馬農高、双葉翔陽高の少年たちの何人かは家族、友人や家を失っているのだ」と解説している。(共同通信)

【2011年7月13日掲載】