京都新聞TOP > スポーツニュース > 智弁和歌山、能代商など2回戦へ
インデックス

智弁和歌山、能代商など2回戦へ

全国高校野球第4日
神村学園に逆転勝ちし喜ぶ保坂(右)、平川の能代商バッテリー=甲子園

 第93回全国高校野球選手権大会第4日は9日、甲子園球場で1回戦が行われ、智弁和歌山といずれも甲子園初勝利を挙げた英明(香川)能代商(秋田)白樺学園(北北海道)が2回戦へ。

 戦後最長記録に並ぶ7年連続出場の智弁和歌山は花咲徳栄(埼玉)に11―1で大勝。高嶋監督は春夏通算62勝目で、自ら持つ甲子園大会最多勝記録を更新した。

 英明は左腕の松本が毎回の11奪三振。春夏を通じて初出場の糸満(沖縄)に4―1で快勝した。能代商は神村学園(鹿児島)に5―3で逆転勝ち。秋田勢として14年ぶりに夏の大会の初戦を突破した。白樺学園は延長十一回、3―2で鳥取商に競り勝った。(共同通信)

【2011年8月9日掲載】