京都新聞TOP > スポーツニュース > 龍谷大平安、新湊と10日対戦
インデックス

龍谷大平安、新湊と10日対戦

全国高校野球選手権
ノックを受けて新湊戦に備える龍谷大平安の選手たち

 龍谷大平安は9日、新湊(富山)戦を翌日に控え、亀岡市の同校グラウンドで最後の調整に励んだ。フリー打撃を1時間行い、技巧派右腕・袴谷の対策として、変化球を多めに打ち込んだ。打者はコンパクトな振りからセンター返しを徹底。4番高橋は「体を突っ込まないように心掛けたい。今の調子だと(攻略は)大丈夫だと思う」と自信をのぞかせた。

 先発が濃厚な左腕太田は、低めを意識して約30球を投げ込んだ。富山大会で打率6割8分の1番加藤を警戒する選手に挙げ、「相手打線を勢いづかせないようにしたい。抑える自信はある」と充実の表情を浮かべた。

 その後、30分間のノックで連係プレーを確認。軽率なミスに原田監督が雷を落とす一幕もあり、緊張感が漂う中で練習を締めくくった。小嶋主将は「やっと初戦という感じでわくわくする。勝つことで成長していきたい」とチームの思いを代弁した。

【2011年8月9日掲載】