京都新聞TOP > スポーツニュース > 横浜6―5健大高崎
インデックス

横浜6―5健大高崎

横浜がサヨナラ勝ち
横浜―健大高崎 10回裏、サヨナラ打を放ちガッツポーズする横浜・高橋=甲子園

 横浜が5―5の延長十回、2死一、二塁から高橋が左前安打を放ち、サヨナラ勝ちした。序盤に主導権を握り、5点を先行。六回に先発の柳がつかまり同点とされたが、相馬、向井の救援陣が無失点でしのいだ。

 高崎健康福祉大高崎は5点を挙げた六回以外は打線のつながりを欠いた。十回2死二塁の勝ち越し機を逃したのも痛かった。(共同通信)

【2011年8月12日掲載】