京都新聞TOP > スポーツニュース > 高校は光星学院が4強へ
インデックス

高校は光星学院が4強へ

大学は明大、愛知学院大

 明治神宮野球大会第2日は24日、神宮球場で準々決勝を行い、高校の部で今夏の全国選手権大会準優勝の光星学院(東北)と北照(北海道)、大学の部では明大(東京六大学)と愛知学院大(愛知・東海・北陸)が準決勝に進んだ。

 光星学院は延長十回に北条が逆転サヨナラ満塁本塁打を放ち、初出場の神村学園(九州)に勝った。北照も鳴門(四国)を下した。

 単独最多5度目の制覇を狙う明大は初出場の福山大(中国・四国)に19―0で七回コールドゲーム勝ち。愛知学院大はわずか1安打だったが、優勝候補の亜大(東都)を1―0で破った。(共同通信)

【2011年11月24日掲載】