京都新聞TOP > スポーツニュース > 明大、愛知学院大と決勝へ
インデックス

明大、愛知学院大と決勝へ

明治神宮野球大会
東北福祉大戦に先発し、7回無失点と好投した明大・野村=神宮

 明治神宮野球大会第4日は26日、神宮球場で準決勝を行い、大学の部で史上最多5度目の優勝を狙う明大(東京六大学)が愛知学院大(愛知・東海・北陸)とともに27日の決勝に進んだ。高校の部は光星学院(東北)と愛工大名電(東海)が決勝進出した。

 明大は広島にドラフト1位指名された野村が7回無失点と好投し、東北福祉大(東北)に5―0で快勝。愛知学院大は創価大(関東1)にタイブレークの延長十回、2―1でサヨナラ勝ちした。

 光星学院は鳥取城北(中国)に7―0の八回コールドゲームで勝ち、愛工大名電は北照(北海道)を6―2で下した。(共同通信)

【2011年11月26日掲載】