京都新聞TOP > 政治・社会アーカイブ > 過疎に生きる「水源の里シンポ」
インデックス

綾部の魅力 熱烈アピール

「人が温かい」「空気や水がきれい」 大阪・池田でファン獲得イベント
フォーラムで、綾部の魅力について話す移住者ら(大阪府池田市・池田市民文化会館)

 綾部ファン獲得を目指すイベント「人生を変える農業・農村−ステージは綾部」が二十八日、大阪府池田市の池田市民文化会館で開かれ、都会から綾部市への移住者によるフォーラムや特産品販売で、綾部を大いにアピールした。



移住者 地域に溶け込むこつも

 イベントは綾部市や市内の農業、観光関係団体などでつくる実行委が毎年開催し、四回を数える。
 フォーラムでは移住活動に熱心な地元農家の人の司会で、就農者向けの分譲地「檪(くぬぎ)の里」(綾部市十倉中町)に住む小松廣士さん(61)や過疎高齢化が著しい「水源の里」(老富町)に住む農業水田さかえさん(42)ら、移住者四人がパネリストとして参加した。
 「人が温かい」「空気や水がきれい」「近くに生える野草や育てた野菜で食料を賄える」など綾部の魅力を語り、「集落の行事を休まない」など地域に溶け込むこつを披露。約百五十人が聞き入った。
 近くの公園では野菜や米、丹波くり、トチもちなど地元産品も販売。大勢の人が買い求め、売り切れていた。

【2008年9月29日掲載】