京都新聞TOP > 政治・社会アーカイブ > 過疎に生きる「水源の里シンポ」
インデックス

29歳 新規就農者が定住

過疎高齢化進む舞鶴・長谷地区 「ユズの里」づくり 住民ら期待
農事組合長の剛谷さんと地域での生活について話し合う松岡さん(左)=舞鶴市長谷
 過疎高齢化から「ユズの里」づくりで地域活性化に取り組む舞鶴市長谷地区に、今秋から新規就農者の松岡広司さん(29)が定住した。地区の住民と交流を深めながら、農作業に励んでいる。
 松岡さんは岡山県出身。高校卒業後、地元で書店や広告代理店に勤務していたが「農業で心穏やかに暮らしたい」と昨年、あこがれだった府内で就農先を探し始めた。府内の自治体を車で訪問し、相談するなかで、舞鶴市から市内の若手農業者グループ「若い衆でやろかい」を紹介された。
 ユズの里構想を手伝う同グループは、就農を助ける独自の研修制度を始めたばかり。松岡さんは昨年十月、初の研修生として長谷の空き家に住み始めた。
 研修中は、市内の農家を巡ってさまざまな農作業を経験。長谷での米作りにも取り組んだ。「農業の技術、知識も全くなかったため、非常に助けられた」と振り返る。長谷の農事組合長の剛谷進さんは「若い人が来て、住民に元気が出る」と期待を寄せる。
 九月末で研修を終え、今後は府の制度を活用して、農業経営をスタートする。松岡さんは「ユズの里は地域の人たちの思いが詰まった計画。まずは農業経営の土台をしっかりと築き、できる限り手伝っていきたい」と話している。

【2008年11月6日掲載】