京都新聞TOP > 政治・社会アーカイブ > 過疎に生きる「水源の里シンポ」
インデックス

水源の里の魅力 写真に

全国連絡協が呼び掛け 綾部や伊根、166自治体対象

 全国水源の里連絡協議会は、水源の里フォトコンテストの応募を7月1日から8月31日まで綾部市の事務局で受け付けるのを前に、加盟166自治体での撮影を呼び掛けている。

 過疎高齢化が進む中、日本の原風景や四季折々の人々の生活、祭事が息づき、水のふるさとでもある水源の里。その地域を象徴する風物など、綾部市や伊根町、高島市など全国の水源の里の魅力を表現した作品を求めている。

 2008年8月以降に協議会加盟市町村で撮影し、四ツ切り(ワイド可)で、インクジェット出力(A4)可、カラー・モノクロ自由。合成写真不可で単写真に限る。複数応募もできる。

 主催者は、コンテスト参加料(1点千円)を義援金として東日本大震災の被災地復興支援に充てる。

 応募(最終日の消印有効)、問い合わせは〒623−1122 綾部市八津合町上荒木5 上林いきいきセンター内 全国水源の里連絡協議会フォトコンテスト事務局TEL0773(54)0095。

【2011年5月12日掲載】