京都新聞TOP > 政治・社会アーカイブ > 過疎に生きる「水源の里シンポ」
インデックス

市、PR 情報募集に177件

検証後、印刷物に

 綾部市がPRに役立て綾部を元気づけようと、綾部に関する「オンリーワン(唯一)」と「ナンバーワン(1位)」「ファースト(最初)」の情報を募ったところ、177件が寄せられた。「足利尊氏生誕の地」「合気道発祥の地」「日本に3台しかない貴重なピアノを所有」など、周知の事柄やあまり知られていないものなどさまざまで、市が内容を検証する一方、引き続き市民の誇りとなる情報や意見を求めていく。

 市によると寄せられた情報はほかに、あやべ由良川下りは日本一の伝統を誇る川下りイベント、あやべ球場のグラウンドは両翼101メートル、センター123メートルで近畿最大、私市円山古墳は府内最大規模の円墳、市内の企業のネジ生産能力は世界トップクラス、日本で初めてペットボトルから作る衣料品を開発、があった。

 また、市天文館「パオ」の反射望遠鏡は北近畿最大、市内産の茶が過去に2度全国品評会で1位獲得、市が全国に先駆け水源の里条例を制定などもあった。

 市秘書広報課は「寄せられた中には、知らなかったことや忘れていたこともあって、ありがたい」としており、年度内に検証をすませ印刷物にまとめることにしている。

【2011年8月24日掲載】