京都新聞TOP > 政治・社会アーカイブ > 過疎に生きる「水源の里シンポ」
インデックス

農家民泊の魅力紹介

京丹後、グリーンツーリズム推進セミナー
農家民泊での体験と魅力を語る芝原さん(京丹後市大宮町・アグリセンター大宮)

 農山漁村の営みを観光に生かす方法を学ぶ「グリーンツーリズム推進セミナー」が22日、京丹後市大宮町のアグリセンター大宮であり、綾部市で農家民宿を開く芝原キヌ枝さん(79)が講演した。

 国の「農林漁家民宿おかあさん100選」に認定されている芝原さんを市が招き、農家ら約80人が聞いた。

 芝原さんは、「農家民泊の魅力」と題して講演し、9年前に始めたきっかけや宿泊客の8割が20〜30代であることを紹介。客から寄せられた言葉を挙げながら、「都会の生活に疲れて来られたと感じた」と話した。

 地元との協力や連携についても言及し、「少しでも限界集落の支えになり、里山に元気な声が響けばうれしい」と締めた。

【2011年11月23日掲載】